住まい別のリフォームポイント

マイホームを維持する為のリフォームポイント

ライフイベントとリフォーム

リフォームを希望する理由は様々。 ライフイベントによるものや日々生活していて不便に感じること、おかしいと思うところなどあります。 戸建てであれば集合住宅と違って共有部分などの制限が無いのでリフォームをすることによってほとんどの悩みを解決出来るでしょう。

戸建てリフォームの強み

生きていく上で誰もがいつかはとマイホームを望むものです。
就職や結婚に次ぐ大きなライフイベントですが家を持ったからと言ってそれだけでは終わりません。
親の加齢による介護の必要性や、子供の出産、成長や自身の加齢など避けては通れないイベントはまだまだ待ち受けています。
マイホームと共にそれらを経験していきますが、手を加えずにいつまでも購入当初の状態を維持出来るわけでもなければライフイベント毎に必要な機能が勝手についてくるということはありません。
あらかじめマイホーム購入の際に先を見据えて必要になるであろう機能の追加や元からそのような機能がついているものを選んでおけば後からあれをつけておけば良かったということにはならないと思います。

しかしいくら誰もが通る道とはいえエスパーではありませんからその時の状況を事細かに予想することなど不可能ですから実際は、いざその時になってからリフォームするという方が大半。
機能を欲するようになってからいざリフォームとなるとどうしても完成まで時間を要してしまいますが、確かにその方が今求めてる機能を的確に把握、追加することが出来るので追加したは良いけど結局使わなかったなど、無駄になることがありません。

どうしても戸建ての方がリフォームの幅が広がって臨機応変に対応しやすいですが集合住宅であってもリフォームが出来ないというわけではないのでリフォームのポイントの違いをそれぞれ学んでいきましょう。

集合住宅でもリフォームは可能

戸建ての方がリフォームに制限がかからずにしやすいですがマンションなどの集合住宅もリフォームが出来ないというわけではありません。 当然自分だけのものではありませんので若干制限はかかりますがそれさえおさえておけばある程度のリフォームは可能になります。

中古という選択肢

新築一戸建て、マンションの他に中古一戸建てという選択肢もあります。 中古なので使用感は残ってしまいますが安価で済みますし、気に入らなければその部分だけをリフォームすることで新築よりもかなりコストを抑える事も可能になります。 しかし失敗するとリフォーム代だけでも結構な額になるので気をつけましょう。

TOPへ戻る