マイホームを維持する為のリフォームポイント

>

集合住宅でもリフォームは可能

まずは許可を得よう

マンションでリフォームを行う時に気をつけたいのはあくまでも一室だけが貴方のものというだけで建物自体は違います。
一つの建物に住む以上、どうしても他の住人と共有しなければならないベランダや窓などは当然リフォームすることは出来ません。
まずリフォームを検討する際はオーナーなどに聞いてみるようにしましょう。
そもそもリフォーム自体が制限されているケースも無くはありません。

構造によっては間取り自体を変えてしまうことも可能です。
子どもの誕生によって部屋を増やしたい、むしろ部屋を繋げてしまいたいなどあると思いますが動線と併せて気にしたいのが空気の流れ。
これを考えずにリフォームしてしまうと嫌な臭いがこもったり、空気の入れ替えが困難となってしまいます。

共有部分と専有部分

マンションの共有部分にあたらないものは他に何があるのでしょうか。
これだけおさえておけばリフォームする際にもスムーズにいきますね。

玄関ドアは外側は共有部分であり内側がそうでないように基本的には家の中であれば殆どは問題ありません。
元々配置されている換気扇の移動や排水管の移動、エアコンの増設などは場合によっては出来ないこともありますからそれぞれ業者に確認を取りましょう。

間取りの変更を考えているのであればその建物がラーメン構造なのかそうでない壁式構造なのかも知っておく必要があります。
前者であれば室内の仕切り壁を殆ど取り除くことが出来る為、容易に変更が可能ですが後者の場合、壁そのものも建物を支えていることがあるので困難となります。


TOPへ戻る